ピル・避妊情報館は荘田レディースクリニックが運営する、ピル、避妊ついての情報サイトです。

ピルと避妊の情報サイト。福岡の産婦人科、荘田レディースクリニックが運営。


Click 荘田レディースクリニック

荘田レディースクリニック オフィシャルサイトへ

福岡産婦人科情報館

TOP > 失敗したとき

失敗したとき

アフターピル

アフターピルどの避妊方法も100%の効果はありません。(避妊失敗率
「コンドームが破れてしまった・外れてしまった」
「ピルを飲み忘れていた…」
避妊に失敗したとき、アフターピルといわれる”緊急避妊薬“があります。


アフターピルとは

アフターピルとは、モーニングアフターピルを略した呼び名です。ホルモン剤を多く服用することによって、受精卵の着床を防ぎます。 医師による処方によって入手が可能です。

精子の生存期間は通常3日と言われています。その3日間(72時間)以内に服用し、排卵を抑制、着床を防ぐことで避妊の効果があるとされています。

服用方法

性交後72時間以内に1回目、2錠服用してください。12時間後に2回目で2錠服用します。

副作用

吐き気、嘔吐、頭痛、不正出血など。通常は24時間以内に治まります。

服用後

服用後、早ければ3~4日、または予定日までに生理が起こります。
3週間待っても来ない場合は妊娠の検査をしてください。

注意点

性交後72時間以上10日以内経った場合は、服用してはいけません。
アフターピルは、妊娠を止めるものではなく、それ以前の排卵・着床を防ぐものです。
すでに妊娠している可能性がある場合は、事前に妊娠検査の必要があります。

モーニングアフターピルは、あくまでも最後の手段です。
妊娠を望まないのであれば、体への負担の少ない低用量ピル(OC)の服用をおススメします。

モーニングアフターピルの効果は100%ではありません。
医師の処方が必要です。健康保険のきかない自費診療でもあります。

モーニングアフターピルは72時間以内の服用が必要です。 まずは医院へご相談ください。

Page Top